jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj 京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員

京都府公安委員会第611250530007号
 
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697
 
 TOP
 商品

   茶道具

   食器

   煎茶道具

   酒器

   書画・掛け軸

   飾り物

   西洋骨董

   ご奉仕品

 店舗・アクセス

 買い受け
 注文方法

 リンク


お問い合せは
075-561-2697
又は
suganuma@seihoudou.com
まで
書画・掛け軸     新着商品 ←新商品はここをクリック 

幸野楳嶺画 訶梨勒図 

 
 
商品番号・作者 J-7 幸野楳嶺
作品名 訶梨勒
価格(税込) ¥90,000
備考 紙本、象牙軸先、合わせ箱 
状態 状態良好
大きさ 幅31p、高さ212,5p
商品説明 珍しい訶梨勒(かりろく)の図です。
正月、炉開き、祝いの席などの待合掛けに最高です。
作者略歴 1844 ( 天保15 )〜 1895 ( 明治28 )
号:楳嶺、梅嶺
京都の町奉行、安田四郎兵衛の子として生まれたが、その後、本家の幸野姓となる。
幼少時に中島来章について画技を習得、16歳にして私塾、幸野塾を開き画を教えるなど早くからその類まれなる才能を開花、さらに塩川文隣について四条派の画法もこなして明治期を代表する画家として活躍。
画の技量についても優れたが一方で総合美術学校の設立を計画して1880年に京都府画学校の開校に大きく尽力、以降、私財まで投入して学校教育の充実を目指し、86年には京都ではじめて絵画のみの展覧会である京都青年絵画研究会を開催、93年に帝室技芸員を拝命した。
なお、門下から竹内栖鳳、都路華香、菊池芳文、川合玉堂らのちの日本画巨匠とされる画家を輩出しており現代京画壇の基盤を作った。52歳没
この商品を購入する


菅沼清峯堂
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697 FAX兼用