jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj 京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員

京都府公安委員会第611250530007号
 
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697
 
 TOP
 商品

   茶道具

   食器

   煎茶道具

   酒器

   書画・掛け軸

   飾り物

   西洋骨董

   ご奉仕品

 店舗・アクセス

 買い受け
 注文方法

 リンク


お問い合せは
075-561-2697
又は
suganuma@seihoudou.com
まで
書画・掛け軸     新着商品 ←新商品はここをクリック 

西山翠嶂画 紫陽花と河豚 

 
 
 
   
商品番号・作者 J-4 西山翠嶂
作品名 紫陽花と河豚
価格(税込) ¥150,000
備考 絹本、象牙軸先、共箱 
状態 美品
大きさ 幅39p、高さ205,4p
商品説明 美しい紫陽花と愛嬌のある河豚が描かれています。
夏のお床にぴったりの洒落掛けです。
作者略歴 1879 ( 明治12 )〜 1958 ( 昭和33 )
14歳で竹内栖鳳の門に入り、のち京都美術工芸学校卒業。その間明治27年日本美術協会展で「鷹狩図」が三等受賞、さらに30年第1回全国絵画共進会にて「義光勇戦図」で二等を受賞。35年には母校の京都美術工芸学校教授に着任し、42年京都市立絵画専門学校助教授を歴任する。
36年第5回内国勧業博覧会に出品、40年の第1回文展に「広寒宮」を出品し三等を受賞。第3回に「花見」第6回「青田」第8回「採桑」続く第9回「農夫」も全て三等を受賞。翌第10回では「朱笄の女」11回「短夜」で第12回「落梅」で連続特選を受賞し、京都画壇に翠嶂有りと一躍トップになる。その後私塾青甲社を設立し、後進の指導にも尽力。門下に、中村大三郎・堂本印象・上村松?など、後の京都画壇の活躍者を多数輩出している。
画風は栖鳳をよく継ぎ花鳥・動物画を得意とした。
代表作に「馬」「狛犬」など。
この商品を購入する


菅沼清峯堂
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697 FAX兼用