jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj 京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員

京都府公安委員会第611250530007号
 
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697
 
 TOP
 商品

   茶道具

   食器

   煎茶道具

   酒器

   書画・掛け軸

   飾り物

   西洋骨董

   ご奉仕品

 店舗・アクセス

 買い受け
 注文方法

 リンク


お問い合せは
075-561-2697
又は
suganuma@seihoudou.com
まで
酒器     新着商品 ←新商品はここをクリック 

初代真葛香山作 青磁徳利

 
   
 
     
商品番号・作者 SY-3 初代真葛香山
作品名 青磁徳利
価格(税込) ¥90,000
備考 3代箱  
状態 無傷
大きさ 口径3,7p 高さ12,3p
商品説明 珍しい初代香山の徳利です。
美しい青磁で重量感のある作品です。
下部が鎬(しのぎ)になっているのが洒落ています。
箱は3代の鑑定箱です。
作者略歴 1841 ( 天保12 )〜 1916 ( 大正5 )
京都の宮川長造の四男として生まれ当初、父の後は兄の長平が継いでいたが早逝したために19歳の頃に兄の家族を引き取って家督を襲名、絵画を双林寺の大雅堂義亮を師として習い1868年には父の後を継いで虫明窯の陶技指導に岡山に赴いている。
また明治4(1971)年には陶磁器の海外輸出を目指し横浜に開窯(以降横浜焼、横浜真葛焼などと称される)して高浮彫、色絵、薩摩風錦手、青磁、染付、釉下彩など色絵付けと立体造形力に秀でた作品を展開。
さらに6年のウィーン万博で名誉金牌、11年のパリ万博金賞をフィラデルフィア、翌年シドニー、13年メルボルンの各万博で受賞を重ね「MAKUZU WARE」は輸出用陶磁器の世界でも特別な名声とポジションを獲得、同時に香山の名も単なる陶工ではなく、世界的芸術家的存在として認識されるようになる。
また、29年には帝室技芸員を拝命。
この商品を購入する


菅沼清峯堂
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697 FAX兼用