jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj 京都美術商協同組合会員
大阪美術商協同組合会員

京都府公安委員会第611250530007号
 
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697
 
 TOP
 商品

   茶道具

   食器

   煎茶道具

   酒器

   書画・掛け軸

   飾り物

   西洋骨董

   ご奉仕品

 店舗・アクセス

 買い受け
 注文方法

 リンク


お問い合せは
075-561-2697
又は
suganuma@seihoudou.com
まで
食器     新着商品 ←新商品はここをクリック 

帯山作 粟田焼銹絵草花鉢 

     
商品番号・作者 KS-10 帯山
作品名 粟田焼銹絵草花鉢
価格(税込) ¥70,000
備考 共箱
状態 無傷
大きさ 口径17,3p 高さ7,7p
商品説明 粟田焼の名家、帯山の鉢で淡い銹絵で菊や桜、梅など草花を描いています。少し青色が入っているのがアクセントになっています。
作品は幕末頃で共箱は非常に珍しいです。
作者略歴 延宝年間(1673〜1681)の頃に、近江国の高橋藤九郎という者が、京都粟田山にて帯山与兵衛と称して開窯したのが始まりで、以降、9代の明治中頃まで続く。
2代、3代、4代と抹茶碗、酒器、器物などを無難に製作して家業をよく守ったが、5代与兵衛の頃(文化年間:1804〜18)に陶質の青磁技法を確立させ、また6代の頃(天保年間:1830〜43)には彩画磁器の制作を始め、岡本豊彦、松村景文ら当時の京画壇人気画家による絵付け作品も展開、以降その作風が家芸となる。
また、9代与兵衛(1856〜1922:安政3〜大正11)は3代清水六兵衛の次男(4代六兵衛の弟)であったが、1878年に8代与兵衛が没すると養子として迎えられ、9代を襲名、色絵陶器や京薩摩、色絵金襴手、陶胎七宝焼、など雅趣のある作品を多く制作して、輸出作品を多数制作したが、明治28年頃に完全廃業となったとされている。
この商品を購入する


菅沼清峯堂
〒605-0862
京都市東山区清水3-318
075-561-2697 FAX兼用